仕事や留学で海外で単身生活している人も多いと思います。 日々の生活

仕事や留学で海外で単身生活している人も多いと思います。
日々の生活の家事で、実際に一番厄介なのは何でしょう?



健康第一。
コレが実際は、キープするのが難しい。
一般の家事では、とにかくアイロンがけ。
自分のYシャツ・カッターシャツは自分でアイロンをかける。
スネカジリだから仕方なかったけど、貯まるとウンザリして見るのもいやという状態でした。
日本で、ノンアイロンなんて流行するのが良く分かる。
◆どうせmaxon39さんがBAもらうんでしょ? アタイ頭良いから良く分かるんよ そこらへんの所、
なんてたって母は医者だもん。
◆海外在住のものです。
厄介なものは、慣れてしまえば特に無いです…。
むしろ、気軽にハウスキーパーさんを雇えたり、ゴミの分別が厳しくなかったり…日本より便利だと感じます。
◆海外で単身生活をしている人の家事で一番厄介なことは
日本で単身生活をしている人の家事で一番厄介なことと
同じです。
◆病気。
医療レベルが日本より劣るので、信頼できる病院がない。
入院した時に家族がいないのは辛かった。お手伝いさんはいるけど、嫌な思い出しかありません。
言葉は問題ないですが、病気のように自分ではどうにもならないことが一番厄介だと思います。
◆家族が合流する前、3か月ほど単身でした。
一番厄介だったのは食事です。
食材が若干日本のものと異なるので、毎回調理はチャレンジでした。
暫くすると、我ながらおいしく作れるものができるんですが、それ
ばっかり食べてました。