自衛隊は連帯責任の連続ですが、ペナルティ受けるときはどんなときで

自衛隊は連帯責任の連続ですが、ペナルティ受けるときはどんなときですか?アイロンがけベッドメイク靴磨きの少しの不完全さ、裁縫下手銃の結合分解の不手際以外にありますか?またこれらのミスはグループ(6人?)の責 任になり罰を受けるんですよね。。ベッドメイクは上官が来前に上手い人に手伝ってもらえればなんとかなりますか?最初の2ヶ月くらいは完璧にできる自信ないです。自分不器用で要領悪いので、真面目で礼儀あるとは言われるんですが…向いてと思いますがやれるだけやってみようとは思うんです。理解力は必要ですよね…



ペナルティは基本的に、集合時間に遅れたとか、整理整頓状況が悪い時です。
ベットメーキングや靴磨きは個人の問題なので、あまり、連帯責任に問われることは無いです。私は、教育隊の班長をしていました。
出来る者も居れば、出来ない者も居ます。当たり前です。持ちつ持たれつですよ。不器用でも、まじめに頑張っている者は評価してました。
班長になると班員の成績をつけなければいけません。やはり、頑張っている者は上に上げたくなりますね。
何とかなりますよ。頑張って下さい。
◆でも台風がきて一人のベッドメイクやバームクーヘン等々がきれいでないと皆のベッド荒らされるとききました
◆同期のみんなもギリギリでやってるから、手伝って
くれるのあてにしちゃだめですよ
何で連帯責任になるのか
ケースバイケースですが
もともとは責任感を養うためのもの
敵が攻めてきた時や、何か危険なものを発見した時
あるいは同僚が困っている時に
「オレ、関係ないし」
とかやっていれば部隊が全滅したり、重大な事故に
繋がったりします。
だから自分に直接関係ないことでも周りのことに
注意を払うような習慣を付けるために、同期が
どじった時にも、みんなで責任を負う
つまり、自分さえ良ければいいというのではなく
部隊全体で任務を達成する必要があるので
自分の事だけやっていて他の人をフォローしなかった
場合に全体責任になります
とはいえ、ベッドメイクなど自分だけでやるのが
当たり前の事まで手伝わないというのは連帯責任
にはならないです。