本日、エアコンのクリーニングを業者さんにして頂きました。 お掃除機

本日、エアコンのクリーニングを業者さんにして頂きました。
お掃除機能付きのエアコンだったのですが
思ったよりも早く済み、1時間半ほどでお帰りになりました。 作業はずっと拝見しておりました(写真も撮りました)
先に何やらスプレーをし、その後時間をおかずに高圧洗浄。
真っ黒な水が流れ落ち
もう水が(お湯が?)濁らなくなったので
作業終了!となったのだと思います。
ちなみに溜まった水はバケツ1杯分。
黒い水が並々と溜まっていたので
しっかりと洗浄して下さったのだと思っていました。
お帰りになった後、一時間程度送風作業をし
中を覗いてみたところ
あまり汚れが落ちていなかった事に気付きました★
新品同様な画像をいくつも拝見していたので
そんな状態を想像していたのですが
結構な黒い点(カビ?)がまだたくさん見えるので
恐らく落ちていないのだと思います(-_-)
これは業者さんに
やんわりと文句が言える対象ですよね?
それとも
あんな新品同様になる画像そのものが
サクラなのだよ!という事でしょうか??
エアコンのクリーニングが初体験だったので
他の業者さんとの比較もできず
クレーム的なお電話をさせて頂くべきどうか
ちょっと迷っています★
今回の洗浄はこれでヨシとするべきでしょうか?
それとも再度作業をお願いすべきでしょうか?
ちなみにエアコンは使用7年ぐらい
(要は7年放置)
費用は¥16000ほどでした。
どなたかお詳しい方
アドバイスをお願い致します(T人T)



エアコン洗浄を行う業者です。
フィンはアルミ製でアルミも経年により腐食します。
一度 腐食してしまうと元に戻す事はできません。
腐食は黒い点模様に見えます。
洗浄薬品の強アルカリで洗浄を幾度と行うと、この黒点は消える場合もありますがアルミを溶かすかたちとなる為に機器に良くなく そこまでの洗浄は行わない事が多いです。最悪の場合、アルミがボロボロと剥がれ落ちる状態となります。
エアコン洗浄はアルミフィンに積もった埃の除去と表面汚れの清掃です。
フィンはアルミ板の集合体ですが、このアルミ板とアルミ板の隙間に汚れが詰まっていないこと 表面に銀のアルミ色が出ている事で目視での良否を判定します。
洗浄後は試運転を行い風がしっかりと出ている事で埃が無いと判断します。
風も冷たい風が出ている事を確認しアルミ表面の汚れが綺麗になったと判断します。
よって、フィンに黒点があっても洗浄はしっかりと行われている可能性があります。
写真が添付されると、より正確な回答を頂けると思いますよ。
◆お返事有難うございました(-人-)
画像撮って添付してみました。
黒い点々が”洗浄しきれていない残り?”なのかな
と思っているのですがどうでしょうか?
ちなみにフタの内側はステンレス製ですが
問題の部分はステンレス製ではないと思います。
白いので‥‥ヾ(^^;)
手で洗って頂いた”羽根”はプラスチック製なのですが
こちらには何も残っていないのです。
この画像から”落ちない汚れ”と解釈できますか?
度々すみません
宜しくお願い致します(T人T)
◆壁につけたままの洗浄ならそんなもんですよ
外して持ち帰るぐらいの事やってもらえばほぼ完璧な状態それこそ写真のようになります
◆7年物ではどんなに強力な洗剤でも新品同様にはなりませんね。
それだけ放置する方があり得ません。
◆アルミのフィンや金属系部品の変色であれば洗浄された状態でも黒ずんだままです。
プラスチック部品の場合はクレーム対象ですね。
◆汚れが落ちていないのなら、クレームの対象になりますよね。
返金もしくはやり直し作業をしてもらうべきだと思います。