逃げ恥の1話と2話の内容教えて。

逃げ恥の1話と2話の内容教えて。



1話
森山みくり(新垣さん)が派遣切りで無職になる。

みくりは、父(宇梶さん)の紹介で津崎平匡(星野源)の家の家事代行の仕事をする事になる。

みくりの父と母(富田さん)は、館山の古民家に引っ越すことになって、みくりは家を失うことに・・・。

次の仕事の際に平匡にこの事を伝えると「ずっと続けて欲しかった」と言われ、みくりは、契約結婚を提案する。

平匡がその提案にのり、契約結婚することに。(両親には普通の結婚で通している)
2話
両家顔合わせ(初めての共同作業!)がある。百合ちゃん(石田ゆり子)に苗字で呼んでるの?と言われ「みくりさん」、「平匡さん」と呼び合うように。

結婚式は、やらないと押し通し、顔合わせは終わる。

帰り際、平匡の名言!
「ハンガリーにこういうことわざがあります。逃げるの は恥。だけど、役に立つ」

平匡の会社の人の沼田さん(古田さん)と風見さん(大谷さん)が平匡宅にきて、1泊していく。

沼田さんが帰り際にシングルベッドに枕が1つの平匡の寝室を見てしまう。
こんな内容です!
文章が長くなって、すいません!!
◆宇梶さんが
仕事でお世話になった
星野源が
家事代行を求めていると知って
大学院修士課程だと勤め先にばれて追い出された娘の
新垣結衣を
紹介したところ
きちんとした仕事をすることに気に入った
星野源が
ずっといてほしいと頼み
新垣結衣は
宇梶と妻(母親)が
館山の古民家を買って引っ越すことになり
住みかを失なって困っていたので
偽装結婚を申し込んで
一生結婚できず
両親に申し訳ないと考えていた
星野源が
その申し出に乗った
新垣結衣は横浜の星野源の家に引っ越していき
回りの人々にも本当の結婚だと嘘をついている