専業主婦 vs キャリアウーマン オンナの勝ち組はどっち? 大学を卒業

専業主婦 vs キャリアウーマン オンナの勝ち組はどっち? 大学を卒業して数年経ち、そろそろ自分の生き方も決まったと思えるアラサーの頃。家庭を守るママやバリバリ仕事に燃える女性など、どのように生きている女性が輝いていると言えるでしょうか? 専業主婦とキャリアウーマン、この代表的な女性の生き方2つに絞って、どちらが「勝ち組」なのかジャッジします!
Q.生活費は夫が稼いでくれる優雅な専業主婦(でも家事育児に追われる毎日)と、好きな仕事で認められ余暇などプライベートも充実しているキャリアウーマン(でも結婚出産には縁がなし)、30歳の時点ではどちらが勝ち組だと思いますか?
A.専業主婦……42.5%
キャリアウーマン……57.5%
キャリアウーマンを「勝ち組」だと考える人が若干多いようですね。これが35歳、40歳と年を重ねていくと、また違う結果になると思いますが、30歳の時点ではまだ家庭より社会と接点を持ちたいと思う女性が多いのかもしれません。
それぞれどのような点が「勝ち組」だと判断する基準になっているのでしょうか。まずは「専業主婦」派の意見を見てみましょう。
<専業主婦派>
■結婚&出産は「女の幸せ」
・「子を産み、夫を支えるという女としての役目を果たしているから」(26歳/生保・損保/営業職)
・「子育ては30代がベストな年齢だから」(26歳/ソフトウェア/技術職)
・「30歳なら世間的には専業主婦のほうが親族は安心すると思う。でも私ならキャリアウーマンのほうがあこがれます」(29歳/建設・土木/事務系専門職)
・「やはり家庭をつくることは人生において必要なことだと思うので」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)
いつかは素敵な人とあたたかい家庭を築きたい。そう考える女性は少なくないでしょう。とくに出産・育児のことを考えると、30歳までに実現できる=幸せだと感じるようですね。
■家事や子育てに専念できてうらやましい
・「断然専業主婦が勝ち組です。なぜなら、キャリア追求組には仕事に追われて趣味や遊びを充実させる暇はありません。私は先日まで後者でしたが、結婚して夫を支えたいと思うようになりました。でもまだ仕事が好きなので子供ができるまでは仕事をしています。ただ、今の時代夫の稼ぎだけで悠々自適に暮らせる専業主婦になれる環境が整っているのであれば、全員がなれるわけではないのでそれは勝ち組だと思います」(27歳/商社・卸/営業職)
結婚後もフルタイムで働いて、帰宅後は家事や子どもの世話に追われる女性は大変ですよね。旦那さんの稼ぎで悠々自適に暮らせる専業主婦は幸せかもしれません。その恵まれた環境がうらやましい!
一方、「キャリアウーマン」派はどのように感じているのでしょうか?
<キャリアウーマン派>
■働く女性はキラキラしている
・「後者(キャリアウーマン)の知り合いがいますが、とにかくかっこいい! あこがれの存在です」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「主婦は世界が狭くなりそう。キャリアを積めるときに積んでたくさん経験したい」(30歳/事務代行/事務系専門職)
・「自分の時間を有意義に過ごしているから」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)
30歳といえば、仕事がどんどんおもしろくなってくるころ。経験やスキルを身につけた女性は、同性からもあこがれの存在ですよね。
■今しかできないことがある!
・「キャリアウーマンから専業主婦には本人次第でいつでもなれるが、子育てに追われる専業主婦からキャリアウーマンになるのは難しいと思うから」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「30代での独身も多い時代ですし、育児に終われてお洒落もできないようなら、仕事をバリバリして貯蓄して人生を楽しんだほうがよいと思う」(33歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「付き合いや育児に追われているのと(=マイナスイメージ)、やりたいことをやっている(=プラスイメージ)なら、後者の方がいいと思う」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
結婚や出産はキャリアを形成してからでも遅くない、そう考える女性も目立ちました。自由に生きて、やりがいのある仕事に就いている。
キャリアウーマンは現代女性の見本ともいえるイメージという事になるのでしょうか?



キャリアウーマンってどの程度のことを言うのですかね。
高学歴でよほどの専門職、外資企業で年収ン千万だとそうかもしれませんが。
誰でもできるような仕事なら、キャリアウーマンとは言いません。
子育てしながらの働く女性って、無理しているような
感じで意地を張っているように思う。
◆今は専業主婦でもそれ以前は働いていた女性がほとんど、それなりに貯蓄もあるだろうし、死別したとしても生命保険をかけているでしょうし。
今の時代は在宅でも平均年収の何倍もの稼ぐ方法はあります。
◆子育てしながらバリバリ働くキャリアウーマンが最強だと思います。
子どもはいずれ巣立っていきます。
男の心は離れていくこともありますし、急に事故などで亡くなることもあります。
女性でも経済的に自立している方が安心です。
妊娠出産に適する時と考えるならば、むしろ時間に余裕がある学生時代に妊娠出産を終えてしまって社会に出るのが、新卒入社から定年まで40年をバリバリ働くモチベーションも高くてよいのでは?
◆可哀想な人…
◆働く女性も若い時はまだいいけど
歳をとってくるともう来なくていいだの、
嫌な仕事を押し付けられて貧乏くじだの、
冷や飯食いだの、老後不安なのに貸家でお一人様だの、
いいたい放題既婚男性陣に言われているわよネ。
キャリアウーマンがキラキラしているなんて幻想ですョ。
結婚してないから離婚したから借金がすごいから
仕方ないという訳アリがほとんど。
キャリアウーマンだって会社組織はやっぱり男社会。
職場では蚊帳の外になって、
接点があるつもりでもいつの間にやら
キャリアウーマンだけが職場ではのけ者でネ、
男社会ですでに煙たい存在になっているのに
その勘違いに気がついてないだけョ。
体験者曰く、
結婚も出産もいつでもなんてできないですわョ♪
同じ職場の若い女性達もネ、
寿退社することがステイタスと思っていて、
キャリアウーマンする気ないですョ♪
幼い子供がいるのに
妻が働かなければ暮らしていけない夫なんて
そんなに自慢話にはなってないっ!笑
極普通の中流の家庭よりも貧乏くじな結婚ですよネ♪
適度なお金も若さもないとネ、
あとはパートナーのランクを下げるようだから
後回しにはできないできない!
◆自分が幸せだったらどちらが「勝ち組」でもいいと思う。
その人それぞれ事情もあるんだし。
◆仕事の代わりはすぐ見つかるが、家族の代わりは見つからない。