加計学園問題に関しては10個の疑惑があります、安倍総理の関与が無

加計学園問題に関しては10個の疑惑があります、安倍総理の関与が無かったという決定的な証拠を出してください。 (疑惑1)獣医学部の新設が畜産獣医師不足の解消になるという根拠がないのに獣医学部の新設を急ぐのはあきらかに変。
(疑惑2)医学部の新設は認められていないが、自民党の関係者だけに医学部の新設が認められたことがある。(今回の加計学園問題と手口が同じ)
(疑惑3)加計学園が50憶円の借入金と補助金水増し請求額が一致する(補助金詐欺事件では)
(疑惑4)下村議員への闇金疑惑がある。
(疑惑5)今治市議への賄賂疑惑がある。
(疑惑6)過去に銚子市の財政悪化させた加計学園が国家戦略特区で選ばれた。(国家戦略特区の責任者は安倍総理)
(疑惑7)内容で勝る京都産業大学が落選させられた、初めから獣医学部の新設は加計学園に決まっていた。(オーディションに2人の女優が立候補したが、何故か演技の下手な大手プロダクションの子が選ばれたみたいなくらい不自然)
(疑惑8)大臣に直接陳情にくる加計学園理事長が、電話番号を知っている安倍総理に陳情していないはずがない、安倍総理は加計学園獣医学部の新設を知っていたが知らないと嘘をついている。
(疑惑9)国家戦略特区が自民党関係者の利益の為に利用された事がある。(外国人による家事代行とパソナの問題。)
(疑惑10)加計学園グループの一つである順正学園が経営する吉備国際大学を巡る安倍首相との癒着疑惑がある。(淡路市が加計学園グループに30憶円の土地と建物を無償譲渡)
(推測加計学園問題の一連の流れ)
加計学園理事長は2018年3月から始まるが、加計学園に52憶円の借入金の返済能力が無いため、獣医学部を新設して補助金を50数億円水増し請求して返済に充てようと計画した。
(過去にも千葉科学大学で補助金水増し請求した事実あり)
加計学園理事長は友人である安倍総理に泣きつき、地元議員や自民党議員に賄賂を贈り根回しをした。
安倍総理は友人の為に国際医療福祉大学や吉備国際大学を優遇したように、獣医学部の新設を加計学園ありきで進め、邪魔な京都産業大学を排除した。
これであっていますか。
反論のある方は証拠をお願いします。
(1)誰かの証言とかは賄賂を貰って安倍総理の関与が無かったと嘘の証言をしている可能性があるので証拠にはなりません。
(2)安倍総理の加計学園新設を知らなかったも嘘をついている可能性が高いので証拠になりません。
(3)獣医学部の新設の正当性もないので、加計学園を今治市に獣医学建設しなければ理由にはなりません。
以上の事を踏まえた上で安倍総理の関与が無かったという決定的な証拠をお願いします。



こんなの安倍の関与あったに決まってるでしょう!
まず一番大事な獣医師育成の必要性が説明されてないし、そもそも数制限する事で教育の質確保するのは至極当然!
先進国と比較しても獣医学部はむしろ多いんだし、
他国では獣医学教育は皆レベル高い大学にしかない!大学で中学レベルの英語や数学教育してる加計学園には絶対に無理
歯学部や薬学部、法科大学院の失敗例あるのに……特に歯学部の学力崩壊はひどすぎる
多分同じになるでしょう!
◆加計騒動で悪いのは文科省です。50年間獣医学申請を告示で認めなかったことは法律違反です。
戦略特区で申請が認められただけです。
申請に問題なくて却下すれば間違いなく行政を歪めているのは文科省です。
10年前から愛媛県は鳥インフル、口蹄疫等の脅威に対して獣医を増やそうと獣医学新設を目指していました。県議と理事長が友達だったことから加計学園が協力しました。
しかし獣医学申請を文科省に掛け合っていましたが門前払いでした。
加戸前知事の証言を聞けばすべて分かります。マスコミは報道しませんでしたが。
安倍総理と理事長が友達であっても忖度はありません。だって10年前から加計ありきでしたから。
証拠も何もなかったら、安倍総理は冤罪、加計学園は風評被害です。
しかもなぜ天下りを指揮し、買春していた前川元事務次官を不問にするのでしょうか?
一年間時間と金を無駄にした野党、マスコミはこの責任を取るべきです。
◆安倍総理の関与が無かったという決定的な証拠を出せってのは質問者さんの個人的な趣味かなんかですか?
関与したという決定的な証拠がないのにですか?
何でもそうですが、関与があったという証拠を出す責任は追及側にありますよね。
にもかかわらず、疑惑をかけられた方に証拠を出せってのは恐ろしい考え方ですねぇ。北朝鮮みたいですわ。
そんな社会になったら、あなたも私も簡単に殺人罪かなんかで捕まってしまいますよ。
そもそも誰も自身の無実証明はできないのですから。
個人的には安倍も前川も加戸もどうでもいいのですが、追及する側が安倍関与の証拠のかけらを発見できない限り完全敗北ですよ。
◆法律の観点で言うと立件できるだけの証拠がないということは事件性が無いという事です。
加計学園の件は何一つ証拠があがっておらず推論にすぎません。
この状態で犯人あつかいするのは法律的立場では最悪です。
これで罪に問うようならば特高警察時代の容疑だけで刑務所に投獄していたのと同じ。
無罪の人に誤って罪を被せない事が最重要。
単なる疑惑イコール問題は無かったという事になります。
◆疑惑なんて無いでしょうよ!
加戸前愛媛県知事の国会証言を聞いたら一目瞭然ではありませんか?
◆(1)発想が逆です。
「獣医師の需給バランスを根拠に”獣医学部新設申請を(50年)受け付けなかった”」のは文科省です。
獣医師の需給バランスを根拠にしながら、文科省は根拠になる資料を持っていなかったのです。
ですから「獣医学部新設”申請”」を受け付けることは当然のことです。
申請の受付後に、許認可を判断するのは文科省の仕事です。
安倍政権ではありません。(行政です)
(2)今治市が特区の指定を受けた過程は「特区WG議事録」で明らかです。
安倍総理は関与していません。
(特区WG議事録をよく読んでね)
(3)(1)で説明した通り、獣医学部新設を認可するのは文科省の仕事です。
安倍政権ではありません。
許認可権を持っていない安倍政権は「不正のしよう」がありません。
あなたの主張は論外です。