私の家は母子家庭です。 私が3年生の時、お母さんは 達が離婚しました

私の家は母子家庭です。 私が3年生の時、お母さんは 達が離婚しました。
私を含めた3人兄弟を、お母さんは1人で育ててくれています。
おばあちゃん家に住んでいるという訳でもなく、
お母さんは、ほぼの事を1人でやりこなしています。
そんなお母さんは、私たちに、無理な我慢をさせた事はほんとに数えるくらいしかなくて、
両親2人ともいる家庭と同じような生活をさせてくれています。
疲れているのに、休みの日には旅行に連れて行ってくれたり、自分の事よりも私達のことを沢山優先してくれて……。
ですがテレビなどを見ていると、お母さん1人で子供1人をそだてる事でさえすごく大変だと言っていました。
そしたら私のお母さんは、計り知れないほど、
相当無理している…と思うと、ほんとに胸が痛くなって、、
今私の生活は、学校から帰ってくる→宿題→洗濯物を取り込み、畳む→朝ご飯の食器を洗う→お風呂掃除→弟に宿題の見直し(音読をさせる)→お母さんが仕事帰りに妹を迎えに行って帰ってくる→お風呂に弟妹どちらか1人をいれる。(もう1人はお母さんと)
のような感じです。
私はまだ中学生で、バイトもできません。
部活もしているので、お母さんに出来ることも限られています。
今している事は、何年も前から続けていて、これが私のMAXのお手伝いだと思っていますが、、
もっと、お母さんを思って、出来ることを増やすべきでしょうか?
そして、その場合何をすれば良いのでしょうか?
(今日は、学校が2時間しかありませんでした。)



いや、立派ですよ!
普通の中学生の3倍くらいはお手伝いしてる、というか、世の中のお父さんだって、そこまで家のことを手伝ってない家庭が多いです。
それこそ、テレビや雑誌で「手伝わない旦那さん」みうな特集、けっこうやってて問題視されてますからね。
そういう意味では、質問者さんは「子どもプラス旦那さん」くらいの働きをしてると言えます。
もし、お金が気になるのでしたら、お母さんにきちんと教えてもらったほうが良いと思います。
そうすれば、例えば、夕飯の買い物をする時でも、「ウチの家計なら、この値段が良いな」「このくらいなら贅沢しても良いな」という目安ができて、ご家族の役に立てます。
また、バイトをするにしたって、学生では扶養内で税金がかからない分以上には働けませんから、せいぜい月々7,8万円。
月8万円のために、進学先をバイト可のところにして、10年後に月30万円稼げる仕事に就く機会を逃したら、最終的には助けとしては弱くなりますから、30万円を逃してでも、今すぐ8万円が必要なくらいの家計なのかどうか、は知っておいたほうが、お母さんを助けられますよ。
◆ありがとうございます。
なにか、心のモヤモヤが軽くなったような気がします。
詳しく細かいアドバイスまでありがとうございました。
◆。。。無理しないで良いんですよ。。
やれる事で。お母さまを。。助けてあげて
卒業したら。。うんと。。助けてあげるんですよ。。
良い子だよ。。。(^-^*)
◆十分だと思いますよ。勉強して良い大学へ進学し、良い企業へ就職し結婚し家庭を作るのが親孝行になるのではないでしょうか?