庭に桜の木 先日自分の家の庭に陽光桜の苗木を植えたところ親戚の方に

庭に桜の木
先日自分の家の庭に陽光桜の苗木を植えたところ親戚の方に
桜の木は庭に植えると縁起が悪いから
やめた方がいいと言われました。
何か悪いことが起きるということなんでしょ うか?



桜は30年も経過するとすごい大木になります。
更に害虫や病気も多くて消毒するとなれば手間がかかります。
特に毛虫のイラガは毒針を持っていますので触ると
一週間程度は傷みが続きますし、毒針のアレルギーも発生します。
毒針のアレルギーは皮膚が腫れるだけではなく
せきが出るのですが、イラガがいないはずの冬も続き
私の友人は屋敷にある桜の木に付くイラガで難儀しています。
また私の母もイラガのアレルギーで桜の木の近くには行きません。
桜の根っこはとても太くてブロック塀や玄関の敷石を持ち上げたり
水道や下水道に配管にも影響して壊れることがあります。
家の近くだと基礎も心配になります。
後は大量の落ち葉による近所トラブルがあります。
掃除しても風で飛ばされる分でもめると嫌ですよね。
縁起が悪いというのはパッと咲いてパッと散るからですが
現代ではそれ以外に上記のように困ることがたくさん起こってきます。
イラガ
配管
根っこ
◆桜は秀吉の「醍醐の花見」で既に有名であり、嫌われているどころか好まれています。徳川時代でも初期より江戸に沢山の桜を植えました。
散るを礼賛したのは旧日本軍です。都合の良い様に作り変えたのです。
今流に悪いと言えば、
・大木になる。近隣に日陰を作り嫌がられる。
・一時に落葉する。落葉樹なら同じですがね。
・病虫害が多い。特にアメシロなどが嫌われます。
実際に植えての感想ですが、皆さまが誉めそやすのは開花時だけ。後は邪魔ものです。 根が浅く広がり、日陰になるは問題ばかり出ます。
正直の申しまして、200坪もある庭ならば良いですが、狭い庭では面倒が見切れません。
◆ただの迷信です
信じるなら、金持ちになれるかもしれない「クロガネモチ」
金を貸すほどになれるかも「樫の木」を植えてみるといい。
どちらもうちに植えてありましたが、いたって平凡、金は貸すほどもなく、とびぬけて金持ちでもない家でした
◆悪い事が起きるのではなくて、桜は「桜切るバカ」と言うように、枝の剪定をしませんから大木になるのです。そうすると枝が屋根より高く伸び、横にも伸びて風が吹くと枝が屋根瓦を撫でたり、折れて屋根に落ちたりします。そして、桜は落葉樹ですから秋には葉が落ちて屋根に積もったり、樋に溜ったりして屋根を傷めます。さらに、桜には毛虫などの害虫が発生するので、毛虫が頭上に落ちる事もあります。だから桜を屋敷内に植えるのを嫌うのです。