犬の世話 動物が好きで将来犬(希望はアメリカンコッカースパニエル)

犬の世話
動物が好きで将来犬(希望はアメリカンコッカースパニエル)を飼いたいと思っているのですが、ネットで調べているうちに耳掃除や聞いたこともなかった肛門絞りなどが出てきて、予想以上にお世話が大変そう だなと思いました。
爪切り、歯ブラシ、耳掃除、肛門絞りの他にする犬のお手入れはまだありますか?
また、上記のお手入れはどのくらいの頻度で、病院でやって貰うなら毎回いくらくらいかかるのでしょうか?
今まで私はハムスターと金魚しか飼ったことがありません。
犬を飼われている方、飼ったことがある方、回答よろしくお願いします。



トリマーです。
爪切り、耳掃除、肛門腺絞りは月に1回トリミングの際に一緒に行ってもらってください。
爪は毎日散歩に行く事で伸びすぎるのを防ぐ事が出来ますので、散歩は欠かさずに行ってくださいね。
それでも、どうしても伸びてしまう時には月に1回のトリミング+単品での爪切りをお願いしてみてください。
単品で500円程度だと思います。
耳掃除はアメコカちゃんが垂れ耳で、蒸れてしまう為とても汚れやすい犬種になります。
1度汚れてしまうと慢性化してしまうので、こまめにチェックし、汚れてそうなら耳掃除単品だけでもやってくれますのでお願いしてみてください。
ご自分で耳掃除をするのは耳の中を傷つけてしまう可能性もあるため控えた方がいいでしょう。
料金は爪切りなどと同様です。
肛門腺絞りは、毎月のトリミング時に絞ってもらってください。
肛門腺はその子によって溜まりやすい子、溜まりにくい子がいます。
肛門腺というのは排泄時に一緒に出すものですが、それがうまく出せないと肛門腺に溜まるようになります。
これを絞らないと肛門腺が腫れてしまい、最悪破裂してしまうため毎月絞ってもらうようにしてください。
歯ブラシについては、ご自身で最低でも3日に一回行ってください。
犬の歯垢は3日で歯石になると言われています。
その為3日以上あけてしまうと、歯石になる確率がぐんと上がります。
まずはシートタイプの物から歯に触るということを慣れさせましょう。
その他のお手入れで必要なのは、ブラッシングです。
アメコカちゃんは長毛でとても絡まりやすいです。
毛玉になるのを防ぎ、綺麗な被毛を保つためにも毎日のブラッシングが必要になります。
毎日やればそれほど時間がかかることでも無いので、面倒臭がらず行ってあげてください。
他にも室内で飼うと思いますから、足裏の毛をきちんとカットしてもらいましょう。
足裏の毛が伸びていると滑ってしまい怪我の原因にもなりますので、こまめにチェックし、伸びてきたなと思ったらカットしてもらいましょう。
この足裏の毛も散歩に行く事で、伸びるのを防いだり、伸びるスピードを遅くすることが出来ます。
やる事はたくさんありますが、手をかければかけるだけ、お金をかければかけるだけワンコも綺麗に可愛くなりますから大切に大切に育ててあげてくださいね。
◆tjmさんのおっしゃる通りで、ペットを大切にする一方で動物を殺す畜産は矛盾ではないでしょうか?
犬を大切にしながら、犬と同じくらい賢い牛を殺すのに加担しています。
◆アメリカンコッカーは結構手間やお金がかかります。犬を飼った事がなく、耳掃除や肛門絞りぐらいの事を大変と感じるなら、初心者の方がいきなりこの犬種を飼うなんて無謀です。
爪切りや耳掃除云々は病院やサロンとかでやってもらうにしても各300~500円ぐらいで済みますし、自分でもやってあげられる程度の事です。
シャンプーや毛のカットは、サロンで安ければ5000円程度で高いと8000円ぐらいはします。
あなたがどんな地域にお住まいかは分かりませんが、街中のドッグサロンだとかなりトリミング料金が高いと思います。
長毛種である上に、毛量が多いのでブラッシングが本当に大変です。少しでも怠るとすぐ毛玉になってしまいます。
でももっと大変な事があり、まず皮膚病になりやすいです。犬に対する知識が乏しいと発見が遅れて重症化してしまいます。
コッカーでよくあるのが膿皮症といって、全体に皮膚が荒れて傷になり膿が出てかさぶたが出来たりしますが、一番酷いのは耳の中で、私の知っている人のとこのコッカーさんは外耳炎が慢性的になってしまい、常に血膿を垂らして酷い悪臭を放っていました。
もう治らないとの事で、最終的に手術をして耳の穴を閉じてしまいました。
もちろん、かなりのお金がかかったそうです。
その飼い主さんは世話を怠った訳ではありませんでしたが、いつも世話をしていても進行を止められない時もあります。
あと、これはどんな犬種であっても大切ですが躾の問題です。
躾が悪く言うことをきかない犬になってしまうと、当然、世話なんかしてあげる以前の問題になってしまいます。
爪切りやブラッシングをしてあげようとしたらガブッ!なんて事にもなりかねません。
飼い主さんだけが被害に遭うならまだしも、他人様に危害をくわえたら下手したら保証問題です。
そういった事も全部受け止めて、終生可愛がって大切に飼わないといけません。
なので、あなたの今の認識ではちょっとハードルが高い犬種だと思います。
何も犬を飼うなと言っているのではありませんが、もう少し飼いやすいタイプの犬種を選ぶか、コッカーについてしっかり学んでから飼うかした方が、あなたも常に気持ちにゆとりが持てるし、犬にとっても適切飼育の元で楽しく暮らせると思います。
◆歯磨きは毎日、耳掃除は汚れたら、爪切りと肛門絞りは10日置き。
いずれも大した事ではない。
これを大変と思うなら生物は飼わないことだ。
旅行にも行けなくなるし夜遊びも出来なくなる。
◆好きなら飼えばいいと思いますよ。
ただ、一人暮らしで働きながらはあまりオススメしません。
爪切り 週1
歯ブラシ 毎日
耳掃除 月1
肛門絞り 月1? 運動量がある犬種はやらなくて良い場合もあります。
あとは、
シャンプー 月1か2
トイレの掃除 毎日
散歩 毎日
ドッグラン 月1か2
病院 健康なら 年2回くらい
グルーミング 毎日
ペットショップに買い出し 月1
でしょうか。
羅列すると大変に見えますが、実際大した事ないですね。
◆>爪切り、歯ブラシ、耳掃除、肛門絞りの他にする犬のお手入れはまだありますか?
これらはコッカーでなくてもどの犬種でも必要なお手入れです。
コッカーにかかるお手入れをお答えします。
だいたい月一くらいのトリミングが必要です。
コッカーはサロンによりますが、7000円~10000円くらい
その時に肛門絞りと爪切りや耳の手入れもしてくれます。
耳が長いので外耳炎になりやすいので家でも手入れが必要な場合もあります。
長毛犬種なのでブラッシングや自宅シャンプーもマメにしないと毛がもつれたり皮膚病の原因に
私でシャンプー剤500mlで3500円くらいで予洗いして
本洗いには200mlで3000円するシャンプー使っています。
10日に1度のシャンプーで1カ月半くらしかもたないです。
ブラッシングスプレーなども必要でお手入れグッズには何かとお金がかかります。
自宅シャンプーで1時間、乾燥に2時間くらいかかります。
コートが長ければもっとかかることも
お金だけじゃなく手間暇もかかります。
しかし、ふわふわさらさらのフルコートをなびかせて散歩させるものコッカーを飼う醍醐味でもあります。
病気になりやすい犬種です。
ペット保険の犬種別だとでコッカーは高額な保険料になる
耳は外耳炎から酷い子は手術をするこもいます。
目も弱いです。若年性の白内障から老化からくる白内障や緑内障など
コッカー肝炎などと言われるほど肝臓も弱いです。
皮膚も弱く脂漏症やアレルギーの仔など
太りやすいのでヘルニアにも多い
コッカーは若いうちから病院通いをしている子がたくさんいます。
若年性の白内障なんかになれば片目で数十万円はかかります。
病院代にサロン代
我が家の犬2頭で、医療費だけでも5万円以上、食費で2~3万円、サロンで2万円近く
保険代も合わせると10万円くらいはかかっていると思います。
これにトイレシーツなど消耗品など
病気が多くお手入れに時間もお金もかかります。
その大変さから飼育放棄されるカッコーもいます。
それなりの覚悟をもってコッカーを飼ってあげてください。