現在同棲中、入籍間近のカップルです。婚約者(彼氏)と今後の経済事情

現在同棲中、入籍間近のカップルです。婚約者(彼氏)と今後の経済事情と家事分担について話し合いました。 共働きで収入もほぼ変わりないので、生活に必要な支出は折半になりました(家賃、光熱費、食費、貯金、雑費などの大まかなもの)。残額がお互いのお小遣いになります。
そのため家事も折半することを提案しました(食事を作らなかった方が食器洗い、洗濯物を干さなかった方がたたむなど)。しかし家事の折半に激昂されました。
今同棲していて、今まで彼の方が経済的な負担をしていたため、私の方が家事を負担していました。でも実際は彼だって家事をやっていた。それなのに結婚して経済的負担が折半になったからって、家事まで折半にしようというのはデリカシーがなさすぎると言われました。そして結婚してもいいのか考えさせてくれとまで言われました。
同棲中確かに彼が家賃、光熱費を負担していました。でもそれは同棲前に彼がそれでいいと言っていたこと、その代わりに食費や雑費を私が負担して家事をほぼやっていたことで同等だろうと思っていました。それでも不公平で2万くれと言うので、毎月2万支払っていました。
そのため経済的に折半なら家事も折半と私は思ったのですが、共働きのご家庭はどうなさっているのでしょうか?



男の立場です。
例えば、結婚後、妊娠したり子育てで働けなかったりする時があるとします。そうした時は必然的に夫の稼ぎで何とかしなければならないですよね?
その時期も生活の費用は折半で妻が貯蓄から出すのであれば、妻側の言い分はわかります。
出さないのであれば、将来を見据えて、結婚後の家事は引き続きやってくれよ、と言うのが夫の考え方だと思うけどなぁ。違うかも知れないけど。
共働きの時は、生活に必要な最低限の金額想定を計算して、お互いにその金額を入れてました。家事は、雑だのちゃんとできてないだの言われるし、女性が一人で生活するのに必要な家事をベースとして考えれば、どうせやるんならついでにやってよ、ぐらいに思ってやってもらってました。
ただ、出張が多かったので、月のうち家に居るのが10日ぐらいでしたから、特に問題なく過ごしてました。食事も家で食べる時は事前に言うという感じ。基本が外食で、自分もある程度は自分で調理はできましたから。
出張時は洗濯は自分でやってましたし。
夫婦でも、生活スタイルは違いますし、家事のタイミングも違うのだと思います。男性が食器洗いは寝る前とか次の日の朝とかでも良いんじゃない?と思うのに対し、女性はすぐにやりたいと思う。といった差があるんだと思います。掃除も月に1回ぐらいでいいんじゃない?という男性に対して、毎日しないと気持ち悪いと女性は思うかも知れませんね。逆もあるかも知れません。
ルーズな方に合わせれば片方の仕事量は増えませんが、キッチリさんの方に合わせれば仕事量は何倍にもなってしまいます。それを仕事量を折半でと言われると、そりゃツライ。私なら、毎日、外食で良いんじゃない?って言います。
◆私は男ですが、あなたは全く悪くないです。
対等な条件を提示しているのに、自分に有利な条件しか飲めないのは、
頭がおかしい。
彼の考え方は女性に多い考え方なのに、
あなたは素晴らしいと思います。
彼にあなたは勿体ないですね。。。
ハッキリ言いますが、
あなたに落ち度は全くない!
結婚前に気付けて良かったと思います。
よくよく考えて、結婚してください。
<一つだけ今後についてのアドバイス>
給与に差が出た場合についても話し合いをした方が良いですよ^^
◆費用や家事は折半しない方がいいですよ。
あっちが多いだとか、足りないだとか、
現にご質問者様の間で言い合ってるように
トラブルになるだけです。
収入面で差があったり、時間的な面で差が
あったりしますが、総合的に判断して
助け合う関係が望ましいです。
◆共働きでも、家賃、光熱費、食費、雑費…折半にしない方が良いと思いますが…。
相手の男性の給料で支払いをして、質問主様の働いた分は二人の貯金として貯めていった方が良いと思いますよ。
同棲で折半なら分かりますが、結婚するなら折半にしない方が良いと思いますよ。
◆私のところはほぼ私です。
家事に関しては主人は致しません。
それに関して文句はないです。
食器も何でも私が置きたいように置いていたりするので下手に触られたりして置き方が違ったりすると二度手間です。
洗い方も私の仕方がありますので‥
でも同棲となるとお互いの思いやりのような気がします。
結婚してもいいのか考えさせてくれ??⬅こっちのセリフです。
お互い疲れてるのに手助けがないと結婚もしていないのにはぁ!?となります。
二万円くれという時点で彼が養っているわけではないです。
結婚前に苦労しなくていいですよ。実家か一人暮らしをして二万円を貯蓄して新たにスタートしませんか