Jayson says Gena was never allowed to shirk her responsibilities

Jayson says Gena was never allowed to shirk her responsibilities because of her special needs. “Mom and Dad never let her get away with doing less than her best,” he says.
Her chores included feeding , watering, and collecting eggs from the chickens; taking care of rabbits and dogs; working in the garden; and walking beans (not her favorite). She also did dishes, made beds, and folded laundry.
If Gena didn’t do a job to the best of her ability, she was made to keep trying until it was done correctly. “Mom would never let her say she couldn’t do something,” Jayson says.
以上の部分を翻訳して頂けると嬉しいです。なるべく明日までに翻訳して頂けると助かります。よろしくお願いいたします。



ジェイソンによれば、ジェナの両親は、障害のせいで、ジェナの責任を軽くするようなことを決して許さなかったという。「ママとパパは、彼女がベストを尽くさないでごまかすようなことを決してさせなかったんだ」と彼は言った。
彼女の仕事には、餌やり、水やり、鶏からの卵集め、ウサギと犬たちの世話、庭仕事、そして、豆(彼女のお気に入りではなかった)を運ぶことが含まれた。彼女は、皿洗い、ベッドメーキング、そして、洗濯物をたたむこともやった。
もし、ジェナが、自分の能力を目いっぱい使って仕事をしなければ、その仕事がきちんと行われるまで、何度もやり直しさせられた。「ママは、彼女に『何かできない』と決して言わせなかった」とジェイソンは言う。
※ちょっとだけ意訳しました。参考にしてください。