生活排水について。 浄化槽ではなく下水道です。 トイレで便が流せる

生活排水について。 浄化槽ではなく下水道です。
トイレで便が流せるのなら、便より小さいものなら流しても問題ないのでしょうか?
洗面台や洗濯機や風呂の排水は、普通に生活していても大きくて髪の毛くらいのものしか流れませんのて、下水道浄化センターへ一気に流れて行ってくれるのではないでしょうか?途中で詰まったりするのでしょうか?
ごみ受けカゴ撤去して生活している方おられますか?



排水カゴが設置されている一番の目的は、装身具などの貴重品を受け止める為です。
決して髪の毛などを流さない為に設置している訳では有りません。
浴室・洗面台・シンク等 排水カゴが有るのはその為です。
イヤリング・指輪などを排水管に流してしまった時、
回収するのは至難の業 諦める事になるでしょう。
こまめに掃除しましょう。
◆そういう使い方しているといずれ詰まりますb(^-^
おそらく、キッチンなどでは油も拭き取らずそのまま排水口に、浴室も髪の毛なんかを流していれば比較的早い段階で詰まりを生じます。
目安としてはおよそ2年くらいで完全に排水口が詰まり、パイプクリーナーすら流せない状態で水を流すことが不能になります。
排水口に詰まったヘドロや油にゴキブリが寄ってきやすくなるので室内への侵入も増え繁殖もしやすくなります。
そうなったときの代償がどうなるかを先に言っておきましょう。
詰まりを取るための水道業者による高圧洗浄でおよそ5~6万円の請求をされます。
難易度によって金額は変動します。
高圧洗浄では対処できない場合は下水配管交換となればその金額はさらに上がることでしょうがこれについては実績が無いのでわかりません。
ネットを付けてこまめに取れば排水口の清掃はそれほど手間じゃないです。
シンプルで不衛生な生活環境がお好みで高圧洗浄料金も支払えるというならお好きにどうぞ。
◆髪の毛はやっかいですよ。配管は曲がってますのでその場所などで1本が停まって水がなくなると張り付きます、次に流すとその場所に段々と引っ掛かることになります。髪の毛だけでなく石鹸分などもあると余計です。最終的にはそこが詰まります。
下水本管だと太さ水量もあるので途中で停まることは少ないです。
ほぐれて流れやすくもなります
◆ディスポーザと呼ばれる生ごみ粉砕処理機器がありますが、日本国内のほとんどの地域では単独使用を自粛するよう下水道事業者からの指示があります。(専用に浄化装置を設け、ディスポーザ排水をある程度処理したうえで下水道に流す「ディスポーザ排水処理システム」は認められる自治体が多いです。専用処理槽のメンテナンスは設置者負担で)
◆例え小さなものでも、一度に大量に流せば配管が詰まる事が有りますし、小さなものでも配管の汚れに付着すれば蓄積して配管の詰まりを起こす事が有ります。
配管の詰まりが起きると排水が逆流しますので、ご自身が一番大きな被害を受ける可能性が有ります。
◆【トイレで便が流せるのなら、便より小さいものなら流しても問題ないのでしょうか?】
問題あります。
バレたら怒られますよ。
なお、ごみ受けカゴも必須です。
付けないで残飯(捌いた魚のアラや骨など)とかを下水に流したのがバレたら罰せられます。
下水道法という法律に定められています。
興味を持ったついでに調べて見てはどうですか?
ネットで検索すればすぐに見つかりますよ。