お風呂の床(黒いタイル)の臭い対策。 訳があって、素人ながらお年寄

お風呂の床(黒いタイル)の臭い対策。
訳があって、素人ながらお年寄りの介護をしているのですが、ごく稀にお風呂の床にお漏らしをしてしまいます。その臭いがなかなか取れないのです。 バスマジックリンを全体にまいて、スポンジで全体をこするとどうにか取れました。でもこれを毎日やるのは体力的に厳しいのです。
白いタイルなら目で見て汚れがついているか解るのですが、黒くてデコボコなタイルなのです。どうにかして汚れているのかを簡単にチェックする方法か、簡単で体に害のない防臭方法はないものでしょうか?タイルを白いものに変えれば解決するのかもしれませんが、そんなお金もありませんし…。
一応自分ではこんなアイデアを考えました。
1.水圧で汚れを飛ばす清掃具で全体を掃除する。
2.雑菌を表示するブラックライトを買って目で確認。
3.ファブリーズを床にまく。(体に影響がないか不安)
何かおすすめのアイデアはないでしょうか。



毎日の介護、本当にお疲れ様です。
でこぼこの黒いタイルなら、摩擦への耐性はけっこうありそうですね。
入浴された日は毎日「デッキブラシ」にマジックリン(抗菌タイプというのもあります。)をつけてゴシゴシこすって見られてはいかがでしょうか。
デッキブラシはホームセンターなどで安価に販売されています。しゃがんでスポンジでこするのよりは腰がだいぶ楽と思いますよ!高圧洗浄機も効果あるでしょうが、わざわざ出して使うのが大変ではないですか?
また、重曹には消臭作用があるので、ご老人がおもらしされたような場合は、さっと水で流した後にひとまず重曹をふりかけておく、というのもおすすめです。
そのあとマジックリンで洗うわけです。
やはり毎日の清掃で臭いはかなり変わるのではないかと思います。
我が家は2人の幼児がおり、少し前までやはりお風呂場でおもらしも皆無ではありませんでしたが、重曹で臭いをおさえ、毎日のお風呂掃除で清潔を保っています。
我が家のお風呂場は1坪半と相当狭いので、毎日床やバスタブを洗浄しても疲れは知れているのですが。
リフォーム直後で、汚れは絶対ためたくないという思いがあり、排水口周りやドアの敷居部分など、カビそう汚れそうな場所は、毎日軽くですが、欠かさず清掃しています。体調悪くても絶対、です(笑)。
我が家の浴室の床は硬化プラスチックなので、こすりすぎて小傷をつけないように、柔らかいスポンジでやるようにしています。
今のところ清潔感は保てているかなと思います。
冷たい水に触れると体力を消耗してしまうので、ゴム手袋をすると楽ですよ。
どうぞご無理をされませんように。
◆ありがとうございます。デッキブラシという手がありましたね!トイレ掃除でなら見たことあったんですが、全然思いつきませんでした。
やはり掃除は毎日やるものなのですね・・・。がんばってみます。
◆長い間掃除がおろそかでにおいもひどいのでしょうか、
1のような方法や、毎日洗剤を撒いてこする掃除をし、
よく乾燥すれば、徐々ににおわなくなるでしょう。
「汚れはある、汚れさえ取れば清潔になる」…ならば、
2のような方法は必要ないと思いませんか。
3のファブリーズもやらないよりはいいかも入れませんが、
においをごまかす程度の効果でしょうね。