浴室ドア 塗装の剥がれ修復 浴室のドアにカルシウム汚れ(カルキ汚れ

浴室ドア 塗装の剥がれ修復
浴室のドアにカルシウム汚れ(カルキ汚れ)が蓄積してしまったので、酸性の洗剤でパックし掃除をしました。 かなり頑固な塊だったので、プラスチックのヘラでは落ちきらずマイナスドライバーを使用して削る感じで除去をおこなっています。(まだ途中です)
ガリガリやりすぎて塗装が剥げてしまったり、傷になってしまった箇所があるので自身で簡単に補修したいと考えていますが、どのような方法がよいのでしょうか?
サクラクレパスの固形ペンキ(ペンタイプのペンキ?)等で塗ってしまって大丈夫でしょうか?
また、テクも必要だとは思いますが、見た目もきれいになりますか?(思いっきり塗りました感がわかる等)



ドアのガラスまたはプラのガラスではなくアルミの枠の事でしょうね。
アルミはアルミ地金に被膜焼き付け塗装を施してあり、それをはがしてしまえば
その上を家庭で補修することは出来ません。
塗装しても水がかかる所は剥がれてしまうからです。
そのままで使用して、使用できないほどになったら、ドアの交換を考えましょう。
被膜塗装が剥がれても使用には差し支えありません。