片付けができない母達 私は結婚するまで実家で暮らしていたのですが、

片付けができない母達 私は結婚するまで実家で暮らしていたのですが、その時は洗濯以外の家事は全て私が担当でしたので、古い家ですが綺麗な空間を保てていました。
私が実家を出てから20歳離れた姉(40代)と母(60)の二人暮らしになり、二週間に一回ほどの頻度で夫と実家に顔を出しに行くのですが(車で2時間くらいの距離)
地べたに新聞や紙類・食べかけのお菓子・衣類etc…でゴミ屋敷になりかけみたいになっているので、毎回私が台所や部屋中を限られた時間内で片付けて帰っています。
私は片付けが好きなのでそれ自体は苦ではないのですが、
実家は古い家ですし、コンセント周りで火事にならないか心配+夫にみられたら恥ずかしいし、いつもちょっと怒ってしまいます。
ものが無くなって困ったりしているのに
なんで片付けないのか不思議です。
病気でしょうか、性格でしょうか
長くなりましたが、ここから質問です。
片付けが苦手な人が少しでも片付けが楽しくなるアイデアはないでしょうか?
自分は片付けが苦手だけど、こうしたら片付けられるようになった!みたいな事があれば教えていただきたいです。



認知症や、発達障害などがあると片付けは難しいです。昔からや、母親が老いてそうなったのであれば、ヘルパーや家政婦を入れて、お金で解決すべきです。後は、働きすぎや、精神苦などがあると片付けられません。
>片付けが苦手な人が少しでも片付けが楽しくなるアイデアはないでしょうか?
楽しくなるではなく、便利になる収納や道具、置き場の設定をお勧めします。当人が便利さを実感すれば、使いこなすようになります。
生活ゴミが溜まるのは、川の流れがダムでせき止められているようなものと、断捨離の作者さんは言います。新聞やチラシ、手紙、公共料金明細、食品のパッケージなど、欲しい訳じゃないけど、どんどん溜まっていきます。それをうまく捨てる流れを作る事が大事です。玄関入ってすぐか、居間に、レターポケット(透明で壁吊りタイプ)を貼りましょう。そして「電気料金のポケット」「水道料金のポケット」など種類ごとに定位置を決めて入れます。ポケットから溢れたら古いのを捨てます。
玄関入ってすぐに「チラシ入れ(新聞回収袋)」を作ります。チラシは今読む以外のものは入れます。後で読む予定のものも入れます。
新聞は、新聞を読む席の下に「新聞入れ(新聞回収袋)」を作ります。全て入れて、読みたい時だけ漁ります。
ゴミ箱は、段ボール製の45リットルサイズの上から投げ込みタイプを、場所ごとに2個ずつ配置します。燃えるゴミと、燃えないゴミで、張り紙をします。居間の座って投げ込める位置に1セット。台所に1セットです。蓋のあるゴミ箱は不可です。開けません。ビニール袋だけ置くのも不可です。いる物の入った袋と見分けができない。座った席から遠くにゴミ箱があるのも不可です。歩くのが面倒で捨てません。あくまで、その場でポイッする場所に、ゴミ箱があるよって形です。
衣料は、服が全て吊るせるオープンクローゼット(金属パイプ組立式)を買って、どんどん吊るすと良いです。ズボラさんは、しまわない、たたまないのが一番です。むしろ、室内干し場を大きくとって、乾いたらスミへ寄せて、そこから順々に着ていくのが楽です。
食べかけのお菓子は、透明のタッパに入れて、机の上にです。不透明容器や棚に入れたりすると存在を忘れます。
ポイントは、できるだけ楽をして便利に暮らせる方法を編み出す事です。苦労して片付けは続けられません。その辺にポイッを、頑張って「指定の位置にポイして」だけで、できるだけ便利にするのです。
◆回答ありがとうございます!
フタつき45㍑をおいてみてましたが、次に実家に行った時には
フタの上が物置になっていました!(涙)
フタ無し!なら物置にならず活用できそうですね!
全て凄くためになりました!
今度実家に行くときに準備したいと思います。
返信が遅くなりすみませんでした。
回答ありがとうございます!
◆土曜日の○時~は掃除の時間と決めて、やること(1日以内にまた食べないお菓子は捨てる、新聞紙とゴミを捨てて外に出す、コロコロをかける…など)を具体的に決めて実行しているかどうか、実行できたらご家族が好きなもの、ケーキでも買っていって、していなかったらケーキは目の前でゴミ袋に入れて捨てる、というルールはどうでしょうか?
食べかけのお菓子や使いさしのものを捨てられないのは、その人の脳内でそういう環境やルールが当たり前になってしまっているからです。「片付けができていなかったら、たとえ新しい食べ物でも捨てられる」それほどの事なのだ、と理解させないといけません。あと、断捨離の本を差し入れるのはどうでしょうか?
掃除ができていなかった時は、散らかった室内の写真を撮影して、引き伸ばして部屋に貼っておくといいですよ。室内は生活スペースとしてではなく、撮影された写真で見るとどの程度散らかっているか客観的に見ることができます。
火事になってけが人が出たり、他の家も焼けたりすると、あなたもあなたの家族も事件の加害者家族です。一度、近くの配線業者・電気屋さんに頼んでアースなどチェックしてもらって下さい。
◆性格でしょうね・・・っていったら解決にはならないですよね。w
片付けって本人がやろうと思わない限り片付かないでしょうね
心がけていることは
後でやろ~はしないってこと
いまできることは今!
食べたら片付ける
使ったら片付ける
洗濯ものもよせたら畳んでしまう。
よせたからいい
じゃないく
畳んだから芳でもなく
タンスに入れたら終わり。
面倒だなって思ってもちゃんとワンクールまでする。
わかっていてもやらない人が多いんでしょうね。