今晩は。回答リクエストさせて頂きました。完全室内飼いの猫ですが、

今晩は。回答リクエストさせて頂きました。完全室内飼いの猫ですが、今回どういうわけか蚤がついてしまいました。獣医さんで処方された蚤の駆除薬剤は猫につけましてので、ほとんどの蚤は居なく なりましたが、獣医さんから環境の蚤を完全に無くすためにバルサンを2回位しましょうと言われました。
今日水のタイプの黒のバルサンを使用しました。蚤に対してはどれくらいの間隔を置いて、2回目をすればいいでしょうか?2週間位と言われる方もいるし、イチドデ良いと言われる方もいて、悩んでいます。
今のところ、蚤以外の害虫に悩まされていることはありません。



室内飼いの猫ちゃんに寄生したネコノミの対策について、ご質問に回答させて頂きます。
このたびは、リクエスト下さいましてありがとうございます。
結論から申し上げますと、バルサンは1回のみで結構です。なぜなら、空間処理ではほとんど駆除できないためです。
下記にネコノミについての情報と効果的な対策方法についてまとめましたので、ご一読ください↓↓
■ 驚異的な繁殖力
ネコノミの繁殖力は凄まじく、約10頭の成虫がおよそ1ヵ月後に2000頭になります。成虫数の10~20倍近い卵,幼虫,さなぎが周辺環境に生息しています。
■ 栄養源はタンパク質
幼虫は成虫の排泄した未消化の糞を最も好み、人や猫の髪の毛、体毛、食べこぼした食品くずなども餌となります。成虫は雌雄ともに血液のみを栄養源としており、1日に2~3回吸血します。
■ 幼虫の棲息場所
幼虫は紫外線の識別はできませんが明るさを感知でき、幼虫,成虫とも光と乾燥を極度に嫌います。このため日中は、カーペットの繊維の中,家具の裏,幅木の僅かな隙間,床材の割れ目や裂け目等へ移動して潜伏し、夜間に這い出てきて食品くずや体毛などの餌を食べます。
よって、夜間に、暗条件下もしくは赤色照明下での掃除機による吸引除去が非常に効果的です。暗闇で掃除機をかける際は分厚い靴下を着用するなどし、できる限り肌が露出しないようにしてください。
■ ネコノミに駆除効果の高い殺虫剤
【効力優先で選択する場合】
バルサンまちぶせスプレー(臭気にご注意!隙間専用としてご利用ください)
サフロチンMC(業務用)※別途、噴霧器が必要です。
【安全性優先で選択する場合】
スミスリン粉剤(業務用)※水に希釈せず、粉のまま散粉します。
※ 猫ちゃんは家庭用殺虫剤の主流である合成ピレスロイド系化合物の代謝分解能が低く、これらの殺虫剤の利用は猫ちゃんの身体に深刻な影響を与えかねないため、おすすめできません。猫ちゃんのいるご家庭ではバルサンのご利用はお控えください。
■ ネコノミの防除手順
ネコノミを効率的に防除するためには、猫ちゃんの身体よりも、周辺環境の徹底した清掃が重要です。
① まず、幼虫等が潜伏している可能性のある物陰、暗がりに殺虫剤を処理します。
② 殺虫剤処理から4~5時間経過後、掃除機を用いて徹底的に吸引除去します。
④ 棲息場所の洗浄を含めた清掃を徹底的に行います。
⑤ 再度、できれば夜間に掃除機を徹底的にかけます。
①~⑤を2週間以内に3回繰り返すとおおむね駆除が完了します。
必要に応じて、猫ちゃんの身体に動物用医薬品を直接処理します。
以上です。やや複雑ですがご参考になりましたら幸いです。
◆バルサンしなくても、毎月わすれず、ノミの薬を付けてあげればノミ自体居なくなると思いますよ!
今日は、だいぶ効いて死んでいると思うので、また猫に付くようならすれば良いかと