みなさんはチェチェン人なんて大嫌い? 私は昔、携帯小説を書いてたこ

みなさんはチェチェン人なんて大嫌い? 私は昔、携帯小説を書いてたことがありました。
話の内容は、舞台はロシア。
4歳の身体障害者の男の子(ロシア人)と、19歳の心優しい青年の話です。青年はチェチェン人で、男の子のベビーシッターです。
男の子は、お母さんが36歳のときの子。
生まれながらにして、両足と左腕の半分がありません。お父さんに虐待をされ、お母さんとお父さんは離婚。
男の子は幼稚園に入るのですが、子供たちにいじめられ、先生には殴られ蹴られ物のような扱いをします。
男の子は幼稚園に行きたくないとお母さんに告げます。そしてお母さんがベビーシッターを雇います。
そのベビーシッターこそがチェチェン人の青年。チェチェン人青年とロシア人の男の子の愛と優しさに溢れる物語、、、。
こんな感じなものを書いてた。
たくさんのことを伝えたかった。
ロシアは幼児虐待や離婚が多いこと。
身体障害者差別が多いこと。
障害者にとっては暮らしにくい国だということ。
そしてチェチェン人にも心の優しい人はたくさんいるということ、、、。
この小説はハッピーエンドだが、この小説を見せた瞬間に、感想を書くコメント欄が荒れました。
「ロシアを馬鹿にしてる」
「美人を出せよ」
「テロリストを出すな」
「普通は、お母さんが男の子を守るの!」
「美人なロシア人先生が男の子を守るシーンをキボンヌ!」
「こんな小説見たくないから早く消せ」
こんなのばっかりで腹が立った。もっと酷いことも言われた。
なんでダメなの?
チェチェン人が優しかったらダメなの?
チェチェン人はテロリストじゃないのに!



チェチェンよりロシアの方が強いので仕方ない
◆たしかに「力」はロシアのほうが強いですよね、、、。
でも「テロリストを出すな」とか「美人なロシア人先生が云々」はいらないと思うんですよ。
ご回答ありがとうございます。