築20年の木造ベランダです、耐水ベニヤの上にコーナー面取りをしF

築20年の木造ベランダです、耐水ベニヤの上にコーナー面取りをしFRP防水を2プライ(コーナー部は増し貼り)を行いFRP防水用のウレタントップコート(珪砂散布)を行ってます。 床の大きさは1m×6mと2m×3.5m(庇有り)
劣化状態はコーナー部のトップコートが1㎝×5㎝程度数か所剥がれておりますが、その下にひび割れや浮きは無く床全面も同様で汚れや苔が有る程度です。
教えて頂きたい件ですが改修で高圧水洗を行った後の仕様です。
1・サンダーケレンの程度(目荒らし程度又はトップコートの除去)
2・通常のFRPプライマーでも古いFRP用のウレタントップの上に問題無いか、又は専用のプライマーで行うべきですか。
3・FRPは2プライ行いますが、古いFRPを引っ張り上げ浮かないでしょうか(現在はしっかり付着しています)
4・FRPトップコートのウレタンですが各社FRP樹脂メーカーさんは持っているのでしょうか、出来ましたら品番を教えて下さい。
5・ウレタン防水での改修も検討しましたが長期耐久性を考えますとFRPで行う方が良いと思いますが如何でしょうか。



1・要は、表面のパラフィンが無くなった状態にすれば良い。
2・樹脂のメーカーによりますが、アセトン拭きだけでも大丈夫です、心配なら通常プライマーを塗布すれば良い、個人的には、樹脂との間に違う物が存在しているので余りプライマーは、すすめません。
3・2プライなら問題有りません。
4・トップコートは、通常ポリエステル樹脂で、パラフィンが入っているか入って無いかの違いです、FRP樹脂と同じ硬化剤を使用します。
5・今現在FRP防水がしてある状態ならFRPの方が良いと思います、一度ウレタン防水をすると後々ウレタン防水しか出来なませんし、鋭利な物の傷に弱いです、重量のある物を乗せぱなしも良く無いです、エアコンの室外機など。
◆御回答ありがとうございます。
古いFRP防水のトップコートに通常のゲルトップでは無い2液形のウレタン塗料を使用しています改修です、高圧水洗後、目荒らしを行い、通常のFRP用の1液形プライマーを塗装後FRPライニングで良いのでしょうか。
密着など問題は有りませんでしょうか。
宜しくお願い致します。