戦隊ロボの玩具の中身を収納する箱の質問です タイムレンジャーのタイ

戦隊ロボの玩具の中身を収納する箱の質問です タイムレンジャーのタイムロボとブイレックスは発泡スチロールだったのにタイムシャドウはダンボールタイプでの収納
ガオレンジャーからはダンボールタイプとブリスターパックでの収納
何が聞きたいかと言うと発泡スチロールの箱が廃止された理由です



コストカットというのは確かにあるかも知れませんが、それだけじゃないと思います。
まず価格面で見ると、オールプラのタイムロボが7千円に対し、超合金を使用したガオキングは6千円と、明らかに後者の方がコストが高いのに価格は下がってます。
これは明らかに『生産数の上昇』があったからに他なりません。
何でもそうですが、少数の生産より多数の生産の方が価格は安くなります。
ましてや材料で言えば、プラスチックよりはるかに高い金属パーツを使う超合金を使い、更に大きさもタイムロボより大きいガオキングの方が千円近くも安いのは、どう考えても生産数の違いとしか言えません。
ですが生産数が多いと、どうしても商品の扱いが問題になります。
特に発泡スチロールは、非常に脆い素材なので忙しい流れ作業で傷や破損をさせずに梱包する事は、非常に困難かと思われます。
如何にビニールで商品が梱包されていたとしても、大量の商品を箱詰めする時に正確にかつ間違いないように梱包するのは至難の業です。
そこで梱包時の破損の心配が少なく、価格も低い段ボール素材にしたのでしょう。
ただこの段ボールも当初は良かったのでしょうが、梱包時の手間が増えたためにその後は、現在主流の成型段ボール枠のケースに変更されたようです。
更にガオレンジャー以降、1年に売る商品点数や生産数が増えた事で当然パッケージも変わってきており、できるだけ大量に運搬するためにも大きさも内部空間も無駄なくコンパクトにする必要があります。
あと環境問題も大きく関わっているのかも知れません。
基本戦隊玩具は子供が買うので、当然遊んだ後は箱などは捨てる訳ですが、今は分別が厳しいので当然資源ごみの発泡スチロールの内箱は、解体しにくく(解体時に更に細かいゴミも出る)捨てる日も限られるため、一般家庭で容易に捨てられない事も大きいと思われます。
なので生産数の増加による、様々な要因がコストとともに関わって箱の素材が変わったのではないかと思います。
本当の所はどうか判りませんが、多分こういう理由じゃないかと思います。
◆おお!詳しく回答ありがとうございますd=(^o^)=b
◆そんなことを聞かれましても自分は詳しいことは分かりませんね
自分が決めてるわけではないので
ただ憶測ですがコスト削減の可能性が高いかもしれませんね
以上です
※自分の自己紹介プロフィールをご覧になられてもらえますか?
返事お願いします