【250枚です】介護認定を受けて、本人が仮に「要介護5」になった場合

【250枚です】介護認定を受けて、本人が仮に「要介護5」になった場合、本人の年金はストップしますか?
私は本人の家族で、一部を年金に頼って共に生活している所があるので、ストップは困 るのですが。



え?、それは、全然、関係ないことを質問してますよ。
介護認定自体は、年金支給とは、まったく関係がない話です。
年金支給が止まるのは、高齢者本人が亡くなった場合くらいですよ。
亡くなったら、速やかに、年金を停止するように届け出て手続きしましょう。
亡くなった後に、家族や誰かが年金をネコババしてると、犯罪になります。
年金の支給などは、年金事務所 (日本年金機構) で手続きしてるし、年金の制度や法によります。
介護のほうは、自治体 (市区町村など) が管理してるような形になります。手続きや相談は、自治体から委託されたりする、介護相談のための、地域包括支援センターでやっています。日本全国、中学校区単位などで、地域包括が指定されています。
介護保険法による、制度の運用になります。
まったく別な法や話になってくるから、質問文のような関係は全く無いです。
◆一応、付け足しておきます。
要介護5、ということは、ほぼ寝たきりで、一日じゅうの全ての必要なことは、全部、介護する人が介助してる状態ということになります。
要介護5で、介護サービスをたくさん受ける状態とか、介護施設などに入るが、本人の年金は全部使わないと入れない施設でずっと介護になるということだと、
質問文のように、年金から、他の家族の分を出すのは無理になることもあるかもしれませんよ。
値段の高い介護施設に入ったりとか、おむつ代など、施設の規定料金以外に別支払いしないといけないから、年金だけでは足りなくなるようだと、質問文のようなことは、無理になります。
年金停止は、生きてれば無いことですが、質問文のように、年金を他の家族がアテにできるかは、状況によっては、どうなるか分からないと思うのですが、どうでしょうか?。
急に、高齢者本人が病気になったりして、医療費や入院費で年金を全部使うかもしれないですし。