娘を産んで1年と5ヶ月が経ちましたが、最近、少し疲れがたまってきま

娘を産んで1年と5ヶ月が経ちましたが、最近、少し疲れがたまってきました。 たまには自分を誉めても良いですか?
断乳するまでは寝るのが本当に下手で昼寝は抱っこかおんぶ、夜中も何回も起きて寝不足でイライラしましたが、断乳した今では楽になりました(まだ1~2回起きますが)。最近では自我がますますはっきりしてきたので別の大変さが出てきましたが。
言葉が分かる様になってきたので、娘には積極的に手伝いをさせています。片付けやコロコロ、テーブル拭き等です。
母乳が終わったので週に1日ほど単発バイト(フルタイム)をする様になりました(現在の収入は36000円ほどです)。朝は洗濯物を干したり、旦那と娘の朝と昼のご飯を作るなど忙しいですが、娘を見てもらってる旦那には本当に感謝しています。小遣いも貯金も増えて良かったと思います。
娘はよく、ママ友から力が強い、体力があると言われていますので、そこを伸ばしてあげたいなと思い、毎日公園に足を運んでいます。疲れますが、娘を昼寝させて自由時間を確保する為に公園に行きます(笑)。娘も楽しそうです。
初めての子育て、何とかつっぱしてきたが、最近になって疲れがたまってきた様な気がします。
世の中には子育てをしながら仕事をしている方も居ますし、専業主婦で子どもの教育に力を入れている方も居ますよね?そんな方は本当に尊敬出来ます。どこにそんな馬力があるの?と思います。
もっと頑張っている方達が居る中で疲れてる私に自己嫌悪というか何というか……。
私も頑張っていますかね?
もうすぐ母の日ですが、たまには自分を誉めても良いですか?
ちなみに……旦那は「お疲れ様」の声はかけてくれます。



頑張ってる、頑張ってる!
みんな、頑張ってるよ!
育児をほぼ終えた身としては(今はカネばかりがかかる、クライマックスのステージにおります)、頑張れ頑張れ、とヨシヨシしてあげたい気分です。
子供がいない人生なんて、いまさら考えられない。
でも、神様が「1日だけ、子供がまだ小さかった時代に戻してあげる」と言ってくれたとしても・・・「いや、お気持ちだけで」と丁重にお断りするかな(笑)。
だって、ややこしいんだもの。
可愛さの陰に100倍のややこしさ、ですよ。
何一つ思った通りに進まないし。
たまに、過去の子供のビデオを見返す機会があったりするんですが、「うわー、かーわいー!!」と思ってキュンとしたあとで、「いやいやいやいや」と思いだすわけです。
あ、このビデオ撮ったとき、確か前後、めちゃめちゃグズって大変だったよな、これ、奇跡の瞬間だったよな、と。
1歳半だと、「ウン」は覚えたかな?まだかな?
イヤ、だけ先に覚えるでしょ、子供って(笑)
はよ「ウン」を覚えてくれぇ!とずっと祈ってました、育児中。
ああ、ちょっと疲れたなぁ、と思うなら、とりあえず最初の段階は卒業できたってことだと思いますよ。
「とにかく生かさないと、大きくしないと」という切迫感が強い乳児期の卒業ですね。
おめでとうごさいます。
なかなか「一日自由にしてもらう」と言ったって、「ナニしようかな」と思っているうちにフリータイムが過ぎてしまって、ろくになにも出来ないうちに終わっちゃったりして、ゆっくりはしづらいかもしれません。
ああ、ゆっくり寝たい、と思っても習慣って恐ろしいもので、フェ・・・っていう気配だけで目が覚めてしまう。
パパに、お休みの日に隔週ぐらいで「朝寝の日」を作ってもらってもいいかもしれませんね。
パパだって毎日仕事で肉体的な疲労もあり、朝ゆっくり寝たいなーと思うこと、あると思います。
だから「隔週」。
その日は、朝はお子さんのご飯から面倒をみてもらって、10時ぐらいまでゆっくり寝る。
案外、そんなもんで、身体はスッキリしてくるかもしれません。
あとは、旅行。
遠くに行かなくても、1泊、部屋食・個室食の旅館でちょっとゆっくりしてみる。
夫婦交代で子守りをして、大浴場でゆーっくり羽をのばしてみる。
ホテルでもいいですね、1歳半ならベビーベッドにまだ入りますし(体が)。
ホテルだと、エステとかありますから、そういうのも楽しいと思います。
レストランでの食事はもしかしたらちょっとややこしいかもしれないから、そういう場合は夕食は近所のファミレスとか回転ずしとかに行ってもいいかも。
朝はホテルのビュッフェで贅沢な気分を味わうのも、いいもんだと思います。
(朝は子供の機嫌も取りやすいし)
ちょっと、食事の用意や片づけなどの家事から離れる機会を作って、命の洗濯をしてもいい時期かなと思います。
連休明けなら、空いてくるし。
上手に緩急をつけて、疲れないように頑張るコツも覚えていってくださいね。
「いつも全力」というのは、ステキなように見えますけど、無理が続く状態で決して健康ではありません。
手を抜いてナンボ!と開き直るしたたかさも、母の強さのうち。
◆産んだだけで100点満点です。
◆あなたって考えが甘いですね、子育ての苦労はこれから先のほうが地獄の毎日状態、この程度でこのような愚痴をこぼして居たのでは真の子育てなど出来ないような問題へと発展するのです。
あなたが本当に楽になれるのはすべての子供さんが小学校の中学年当たりまで育った年、それまでは真の苦労の連続と言うのが小学校低学年までの子育ての試練と言わせていただくほどお子様の子育てはこれから先のほうが大変な毎日を容赦なくあなたにお見舞いして来るのです。
これからお子様は行動範囲を容赦なく広げるような成長期へ、当然ですが親自身もしっかりと体を鍛え上げていただかないと大人のほうが先に参ってしまうほどの体力を子供たちは親の私たちに毎日のようにお見舞いして来るのです。
◆私は1日に何度も自分を褒めていますよ!
褒めないで苦しい育児をするより自分を褒めて、ご褒美にケーキとか食べて楽しい育児された方がいいですよ!
質問者さん、凄い真面目な方なんですね。
他の方の育児見てるともっと適当だし大きくなると放置する親も多いです。自分を褒めていいだろうか?なんて質問しちゃう質問者さん、すっごい真面目です。
たまには肩の力抜いて気楽に生きてみましょう~~いつかパンクしちゃいますよ。
◆質問者さん、よく頑張ってますよ!
最初に回答された方のコメントを呼んで私が励まされました。質問者さんのお陰です。
頑張り方は人それぞれです。
あなたは十分頑張っています。
何事も過ぎるは及ばざるが如く。
頑張りすぎないで下さいね。
時には自分を甘やかすことも大事ですよ。
◆毎日誉めましょう!
たまには自分ご褒美だって必要です。
私は第一子妊娠中に、義母の病気が分かりました。
育児と病院通い。
義母は元気になり、今年下の子が幼稚園に入園しました!
やーっと1人時間です。
仕事もしていますが、それでも買い物、自分の病気、美容室に自分のペースで行けるようになったのは、約10年ぶりです。
友達とランチしたり、ショッピングなど楽しんでいますよ!
主人は、口下手なので、労いの言葉なんてありませんでしたが、文句も言わない人なので、自由にしています。