ダイソンのV6トリガーで、カーペット等の静電気が起きやすい所で掃除

ダイソンのV6トリガーで、カーペット等の静電気が起きやすい所で掃除していると
グリップ部の充電ジャックから手にビリビリと電気ショックがきます。 カスタマーに相談すると、『ハンドクリームを使え』『手袋をして使用しろ』等の驚きの内容を即答されました。
車のハンドルを握って走行中にビリビリ電気ショックがくるのは正常か異常かどっちだと考えるか?と問うと、『一度点検してみますが、異常が無ければそのまま返却します』と。
生活消費者センターに相談するも、リコール申請するのはメーカーからで、センターは何も手を下せませんと存在意義の無い回答。
購入はジャパネットですが、メーカーが異常なしと回答している製品を返品出来るとは考えにくく困っています。
この事態を解決する何か良い手段は有りますでしょうか?



最終的な解決をどうしたいかにもよると思います。
自主回収を促す意味だと、国民生活センターや県庁にある消費生活センターのテスト室で原因特定とかできるか相談するとか。
個人負担がない方法だと、このくらいしか無いかも。
例えば、こんな感じの依頼をします。
国民生活センター
乾電池が破裂した防犯ブザー
個人的に問題解決となると、
家電製品PLセンター(国の認証を受けている裁判外紛争解決の出来る機関)
ここでの解決は1万円かかります。
業務内容から引用しますと↓
>対象となる家電製品(*1)(以下「家電製品」といいます。)の事故(*2)に関する相談及び家電製品の機能、性能、安全性等に関する相談に対し助言、又は情報を提供します(以下「相談業務」といいます。)。
(*1)には電気掃除機 ハンドクリーナー は含まれる。
(*2)家電製品が原因と思われる事故であって、拡大損害が生じる可能性はあったが、被害が当該家電製品のみに止まり、拡大損害が生じなかった事故
>ここまで引用
こういう手続までやるかどうかですね。
販売物の値段が安ければ安いほど泣き寝入りになりやすいという話でもあるんですけど。無料で試験を依頼して、原因が何なのかハッキリさせるのが目的であれば国民生活センターのテスト室を頼るところまでになるのでは。
◆一回ジャパネットに電話してみたらどうですか?